剣道八段の合格率は1%未満。最高段位合格者の年齢、都道府県などを調査する

データから見る剣道

世の中にはありとあらゆる資格がありますが、日本で最難関の資格とされているのが「剣道の八段」です。剣道の段位を資格と呼ぶのは不適当かとも思いますが、その合格率を初めて知る人は驚くことでしょう。

多くのウェブサイトやテレビ番組等では、約1%と報道されていることが多いですが…

正確には、剣道の八段審査の合格率は1%を下回っています。後述しますが、1%には遠く及びません

今回は全日本剣道連盟が公開している八段合格者の情報をもとに、いくつかの指標から剣道八段を探っていきます。

八段合格者を分析する

2012年から2019年の京都審査会までの合格者のデータを分析してみました(参考文献:全日本剣道連盟)。

剣道八段の合格率

最初に剣道八段の合格率から見ていきます。

受審者数合格者合格率[%]
20123515220.63
20134675420.90
20143413220.64
20153852240.62
20163595300.83
20173747250.67
20183771240.64
20191815120.66
283832010.71 [%]

1%に遠く及ばないという意味がわかっていただけたかと思います。もし合格率が1%ならば合格者は284人となるので、(284マイナス201で)あと83人必要となります。これは近年の傾向でいくと、さらに3~4年分の合格者の人数です。

そのあまりに小さい数字のため百分率にすると感覚が狂ってしまいますが、合格率を約1%としてしまうのは安易な繰り上げだと思います。

年齢別の八段合格者人数

はじめに、剣道八段の受審資格は

七段受有後10年以上修業し、かつ、年齢46歳以上の者

称号・段級位審査規則 第3章 第17条

と定められており、合格者は最年少であっても46歳となります。下の図は、2012年から2019年の京都審査会までの合格者を合格時の年齢別に示したものです。なお、このグラフには再受審者2名も含まれています。

グラフの画像が読み込めませんでした。もう一度、ページを読み込み直してください。
参考文献

最年少は46歳、最高齢は75歳、剣道八段合格者の平均年齢は53.7歳となりました。最年少の46歳で合格した人は21人であり、合格者全体の約10%です。

上のグラフだけを見ると高齢になるほど合格率が下がっているような印象を受けますが、これは受審者全体(公開されていない)の年齢も調べなければわかりません。 高齢による受審者人数の減少などもあるでしょう。さらに、59歳と73歳の合格人数が3名で等しいことを考えると、むしろ年齢で合格不合格が左右されにくいという好例なのではないでしょうか。

都道府県別の八段合格者人数

次に、都道府県別の合格者人数を日本地図上に表してみました。

それぞれの都道府県庁所在地に棒が立っており、それが高いほど合格者が多いことを示します。

まずは沖縄から日本全体を

東京、神奈川、大阪の合格者数が非常に多いことが見て取れます。おおむね人口の多さと関係があるようです。

九州・四国・中国地方

剣道王国九州ですが、福岡と熊本の合格者が多いようです。これも人口の多さと関係がありそう。

関西から関東にかけて

大阪や兵庫、愛知の合格者が多いようです。

関東から北海道にかけて

東京、神奈川、埼玉など首都圏エリアの合格者が多いです。

人口が多い→剣道人口も→合格者も自ずと増える?

  1. 東京 26名
  2. 神奈川 20名
  3. 大阪 19名
  4. 埼玉 10名
  5. 福岡, 兵庫, 愛知 9名

東京、神奈川、大阪などの人口が多い都道府県ほど合格者が多く、理にかなった結果となっています。 一方で、あくまで2012年以降は合格者が出ていない都道府県もありますが、これは剣道八段の合格率の低さとも相まって、人口の少なさと相関があるようです。

剣道八段の人数

全日本剣道連盟の全日本選抜剣道八段優勝大会のページに、以下の文がありました。

全国700余名の八段受有者の中から、受有後5年を経た65才以下に該当する200余名が抽出され、さらに選考委員会において厳選された心技ともに円熟した32名によって行われるトーナメント方式の大会です。

全日本選抜剣道八段優勝大会とは

したがって2020年現在、日本には「700余名の八段受有者」がいらっしゃるようです。

おわり

ここまで読んでいただきありがとうございました。剣道関連の記事をほかにも書いております。最近では、全日本剣道選手権における技(面、小手、胴、突き)の割合を調べてみたりしています。よろしければご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました