「海外の反応」2019年F1[第13戦]ベルギーGP決勝 友に捧げるルクレール悲願の初勝利

F1 2019

9月1日、2019年のF1第13戦となるベルギーGPがスパ・フランコルシャン・サーキットにて行われました。
悲しい知らせです。前日の8月31日、F2ドライバーのアントワーヌ・ルベール選手が多重事故により亡くなりました。GP3の2018年度チャンピオンを獲得し、今年からF2に参戦していた将来を期待された選手。まだ22歳、現在F1に参戦しているドライバーにも多くの友人がいたことも相まって、このベルギーGPは非常に特別なものとなりました。ご冥福をお祈りします。

手前のレース観戦記

レーススタート後、直線を抜けた先のコーナーでフェルスタッペンとライコネンが接触。フェルスタッペンはスタートで出遅れ、徐々に順位を下げながらコーナーに突入。フェルスタッペンが内側から、ライコネンが外側からそれぞれ侵入し、接触…一周目でリタイアとなりました。フェルスタッペンのリタイアは2019年シーズン初めてです。スタートの失敗が勝利につながるという、まことしやかに囁かれていたジンクスは早くも破れてしまいました…

レース30周目、予選で1-2を獲得しレース序盤も一つ抜けた速さで走行していたフェラーリに不穏な空気が流れ始めます。ベッテルのタイムが上がらず、3-4番手を走っているメルセデス勢とのギャップが小さくなってきました。そしてついに…ベッテルはハミルトンにオーバーテイクされます。
3番手を走るベッテル、振り返ればボッタス。ギャップがみるみるうちになくなっていきます。結果的に抜かれることになってしまいましたが、ルクレールを逃がすためのチームプレイとして最高の仕事を果たしました。

さて、残り3周。首位を突っ走るルクレールに再び暗雲が立ち込めます。最大5秒ほどあったハミルトンとの差がなんと一時は0.6秒ほどまで縮まってしまいます。最終44周までもつれ込み、最後のシケインまでどうなるかわからない激しい戦いでしたがルクレールが逃げ切り、初優勝を飾りました!フェラーリは第13戦のベルギーGPにして、2019年シーズン初の優勝となりました。亡くなったルベール選手に捧げるGPで、最高の結果となるポール・トゥ・ウィンを成し遂げました。感動しました…

さて、このベルギーGPで一番注目されていたのはアルボンではないでしょうか。夏休みに突如発表されたガスリーとアルボンのスイッチ。レッドブル・ホンダでの初陣となったアルボンですが…なんと17番手スタートから5位フィニッシュ
フェルスタッペンが一周目でリタイアという状況の中で、トップ3としてあるべきところに戻ってくる勝負強さを見せたレースでした。

注目されていたホンダのスペック4エンジンですが、なんとSpeed Trapにおいてトップ3を独占する結果となりました。補足ですが、スペック4が搭載されたのはアルボンとクビアトの2台のマシンのみです。あくまで一つの指標ですが、トップ3を独占するというのは、これはもうホンダパワーなのでは!!!!!!?????(?)

追記(9/3)アルボンはスペック4ではなかった!

レッドブルのクリスチャン・ホーナーがレース後に、フェルスタッペンとアルボンはベルギーGPの予選と決勝でスペック2のエンジンを使っていたことを明かしました。クビアトは週末を通してスペック4だったとのこと。アルボンはスペック2のエンジンであの走りをしていたわけですか😮 ソース

海外の反応(コメント欄)

翻訳・引用元はこちら

●おめでとうルクレール!
でもワオ…アルボンとクビアトもファンタスティックだ!
+1100

→新しいホンダエンジンはすごいね!
+56

●レースを最初から最後まで見ても
何も変わってないか確認するためにハイライトを見る
+210

●ルノーとルノーエンジンは今シーズン全然だめみたいだな。ホーナーは毎晩寝る前に笑っているに違いない。
+335

●ガスリーの結果が降格後も変わらないことがわかってよかった
+272

→ガスリーはトロ・ロッソでのほうが輝いてるね
+39
→→ああ、彼はレッドブルよりトロ・ロッソの方がはるかに良い、そして今でもそうみたいだね。マシン(レッドブル)は全然フィットしてなかったみたいだ。でも今は良いんじゃないかな。レッドブルは来シーズン3人のうちベストなドライバーを起用するだろうけど、新しいドライバーを募集するためにシートを必要とするから、他の2人をトロ・ロッソに入れない。そうなると彼はすぐに新しい居場所を見つける必要があるかも。
+23

●若い世代のレースになったな。シャルル・ルクレールが優勝し、ノリスはエンジンが壊れるまで5位だったし、アルボンはファンを驚かせた。
+109

→ジョヴィナッツィも良い走りしたよ!
+10
→→フィニッシュできればなあ。トップ10ですごくいい走りをしてたのに…
+3

●ルノーは「中盤のフェラーリ」みたいなかんじになってきたね。いいドライバーと信頼性不足だけどパワフルなエンジン。でも間違った空力コンセプトとわけわからん戦略…
+212

●マシン:スム~ズ
ルノーエンジン:自己紹介させていただきたい
+123

●「壊れた」なんて悲しい瞬間なんだ
+49

マクラーレン・ルノーのランド・ノリスは、まさかの最終ラップでエンジントラブルに見舞われました

●ベッテルがルクレールの手助けをしたね
これは簡単なことじゃないよ!ベッテルはフェラーリの早すぎたピットインによって潰されてしまった
+28

●俺はマックスのファンだけど、ファーストコーナーへの入りは本当にだめだったと思う。シムレーサーみたいに突っ込んで、壊れたマシンだったのにオールージュのために減速もしなかった
+125

→キミとの接触の後、フェルスタッペンはレースを終えるつもりはなかったんだけど、あんな間違いを犯すのはだめだ。俺もタッペンのファンだけど、あのスタート後はファーストコーナーに突っ込むんじゃなくて安全にスペースを作ることを考えとくべきだったよ。
+24

フェルスタッペンはスタートに失敗していた様子。今シーズンすでに数回失敗してますからね…心配です

→今シーズン初めての失敗だよ。でも非常に悪い失敗だったね。
+14

→彼も子供の時から変わってないな
+10
→→チャンピオンシップ争いで4位につけてることと、今のグリッドでベストで最も着実なドライバーであることを除いてね。タッペンは学ぶのに苦労しているけど才能はある。どんな偉大なチャンピオンだって子ども。ミハエル・シューマッハもアイルトン・セナもプリンスじゃない。彼らだってできるかぎり小細工してたし、チートしてたさ。
+11
→→→セナは違う。みんなが思うほど穏やかではなかったけど、彼はチーターではなかったよ。シューマッハは確かにね。
+6

●マクラーレンが本当に気の毒だ…ここスパではうまくやることができたはずなのに…今週は運がなかった…
+48

●素晴らしいドライブで初優勝おめでとうルクレール!ルイス・ハミルトンも素晴らしいドライブだった。グリッドで最速じゃないマシンで何ができるかってのをアンチに思い知らせたね!
+20

●ルクレールの優勝、この私の喜びをうまく言葉で説明できない。ユベールの悲劇の後の小さな希望…
+28

●新しいホンダPUがめっちゃいい仕事してて嬉しかった。ルクレールはついに優勝。ジョヴィナッツィはいいレースしてただけに残念。
+13

●フェルスタッペンのファンがコメント欄で泣いたりしてなくてよかった
+64

→俺はフェルスタッペンのファンだけど、キミの後ろにいてストレートで抜くべきだったと思うよ。一年中アメイジングなレースをしてきてるけど、誰だってミスは犯すさ。そしていつの日にかチャンピオンになるだろうよ!
+20

おわり

ここまで読んでくださってありがとうございました!
飛んで火に入る夏のタッペンでしたけど、ルクレールとハミルトンの攻防、アルボンの17→5位のごぼう抜きなどなど、これまた面白いレースでした。ホンダPUが確実な力を見せているのは嬉しいですね😆
シャルル・ルクレール選手、優勝おめでとうございます!

「海外の反応」ガスリー初優勝!!!2020F1第8戦イタリアGP ホンダF1今シーズン2度目の優勝
「海外の反応」F1第7戦ベルギーGP フェルスタッペン3位入賞もメルセデスの1-2フィニッシュ
「海外の反応」F1第5戦70周年記念グランプリ フェルスタッペンが今季初優勝!
「海外の反応」F1第4戦イギリスGP パンクしてもハミルトン勝利
「海外の反応」F1 2019『アブダビGP決勝』 2019年F1有終の美を飾ったのはやはりルイス・ハミルトン

コメント

タイトルとURLをコピーしました